We use cookies to provide you with a better service. By using our website, you agree to the use of cookies as described in our Privacy Policy

Decline Continue

 

トレーニングとシステムの実装


お客様の社内機構に合わせて最適化―お客様のプロセス第一―そして当社のツール

 

当社のプログラムにより、次のことを保証:

  • 当社のプログラムにより、次のことを保証:
  • 情報処理プロセスの反復可能化
  • お客様の投資の最大限な活用
  • 企業目的の達成
  • リソースの効率的な活用

コンプライアンス・プロセスにおけるC2Pの使用例

1.範囲と計画

  • 現在のコンプライアンスプロセスの見直し
  • どのような課題に対処する必要があるかを決定
  • どのようなリソースと責任があるか確認
  • プロセスの範囲、利用可能なリソースと専門知識の全体図の作成
  • プロセス目標の定義

この段階で不可欠なこととして、職務遂行に必要な法規制のアラートのみを受信するよう設定します。詳細なフィルタリングを通して、各チームのメンバーが膨大な量の無関係な情報に圧倒されないようにします。

2.システムの実装

  • 社内コミュニケーション―同意取得を実現
  • 役割への同意
  • ユーザー研修プログラムの完成

システムのセットアップ

  • フィルターのカスタマイズ
  • ビジネスユニット/製品セット/適切な法規制フィルター
  • 報告書テンプレート
  • 適切な可視性

3.フォローアップ

  • 目標に対する測定の実施
  • 監査の実施
  • 改善の推奨と実施
  • 定期的な監視または報告